新宿にあるヴァイオリン教室の特徴

数ある楽器の中でもクラシックなどでは必ず演奏されるヴァイオリンの音色は、繊細かつ奥行きが深い味わいをもたらすものです。一度、その音色に取りつかれたら、それを実際に演奏してみたいという希望も生まれることも多いです。そういったヴァイオリンの演奏を本格的に始めたい方には、自己流で学ぶよりも優れた講師に習った方が上達への近道です。そういった時にぜひ利用したいのが新宿にあるヴァイオリン教室です。その特徴としては演奏を学べる空間が落ち着きのある雰囲気で、しかも初心者から上級者まで学べる体制が整っています。そして、その教室自体も駅から近くであり、徒歩でも十分通える距離となりますので、仕事帰りや休みの日でも通学することが可能です。指導方針も確立しているため、弾いたことがない方、弾けるけど思ったように弾けない方などの指導もしっかり行ってくれます。

ヴァイオリンのレッスンの内容ついて

新宿の老舗のヴァイオリン教室の指導方針には、まず弾くための基本となるテクニックを学ぶことから始めます。持ち方や姿勢などが重要で、その他に弾くときの手指の形など、場合によっては補助具などを用いて楽器になれていきます。その上で幾つかの定評ある指導教本が存在するため、それを用いて実際に音を生み出したり、テンポに合わせて音を出したりと練習していきます。人には骨格が違うので、その骨格に合った持ち方による音の出し方を習得し、徐々にエチュードを導入して具体的に曲に合わせて弾いてみていく形になります。なかなか慣れるまでは大変ですが、練習して慣れてくると弾くことができ、上達に応じて面白みが増していき、さらに練習を重ねることでエチュードもマスターできる域に達します。この様に段階を踏んでマスターできる特徴を持っており、無理なく学習し続ける環境が整っています。

目的に応じてさらにアンサンブルまで到達するのが目標

新宿のヴァイオリン教室では、本格的なプロを目指したりする方も学べる環境もあります。特にプロに欠かせないのはヴァイオリン同士、ピアノと合わせて演奏するアンサンブルが重要です。例えばオーケストラで弾く上では、他の楽器との融合も必要で、一人で演奏するだけでは得られないものを得ることで、よりテクニックを充実させることが可能となります。趣味で独奏するので良いと考えている方でもアンサンブルの良さを体感することもできます。またアンサンブルを一度、体験してしまうとその面白さに引き込まれてしまうことが多いです。それは相乗した音色の良さが存在し、その一部を担っているという自信が生まれるためです。なお新宿のヴァイオリン教室の魅力は生徒の数も多いため、アンサンブルで弾ける中での交流も生まれ、楽器を通じて知り合いにもなれたり、切磋琢磨でできることも優れた特徴となります。