かつらを取り付ける金具が壊れたとき

洋服においてはボタン、ホック、ファスナーなどの金具、器具が取り付けてあります。ボタンは比較的外れることが多いですが取り付けるのは簡単です。これがファスナーとんると一旦全て取り外してさらにもう一度取り付けなおす必要があります。結構大変になることが多いとされています。それでもそのほかの部分が問題ないなら何とか修理をして使いたいと考えるでしょう。かつらでは取り付ける金具が壊れた時にどうすればいいかがあります。まずはメーカーに問い合わせをしましょう。多くのメーカーでは金具の取替えをしてくれます。金具そのものはそれ程高くないですから基本的にはそれ程かかるわけではありません。しかし金具周辺部分が傷んでいたりするとそのあたりも含めて直さないといけなくなるのでお金がかかる場合があります。早めに直してもらうようにします。

かつらに分け目がセットされている場合

かつらを取り付ける部分としては前の部分、頭頂部の部分が多いようです。前の部分といいますと分け目の設定をすることから、商品に予め分け目が設定された状態になっている場合があります。そうすることでその流れに沿ってスタイリングをすることができます。もし分け目がないと周りの部分との違和感がでてしまうことがあります。人工の部分は固定されたり、元に戻りやすい場合があります。このときどのようにブラッシングなどをするかですが、分け目にぴっちりあわせないことです。最初はきっちりあわせたくなります。その方がきれいです。でも外に出れば風などが吹くのでそれによって乱れが生じます。地毛の部分は固定されていないと乱れて、人工部分のみ分け目が残る場合があります。そうならないようにあえて分け目をぼかすようにきちんと分けないようにします。風が吹いても自然になりやすいです。

かつらはセットの方法で自然不自然が決まる

女性は身だしなみとして化粧をします。常に美しく見せられるようにしている人もいますが、人によってはファンデーションの塗りが甘かったりして途中で乱れてしまうことがあります。男性でも身だしなみをきちんとしないことでせっかくの部分を活かせなくなることがあります。ちょっとしたテクニック、業を使うだけでプロが行なうようにすることができるようになります。かつらをするともちろん薄い部分を隠せるようになります。それが利点ですが、ただその部分に装着しただけでは丸わかりです。その後にセットをすることになります。地毛と自然に一緒になるようにブラシや櫛で解いたりしていきます。このときにもどの方向に流すようにするのがよいかなどがあります。ただ適当にブラッシングをすれば髪の流れが不自然になってしまうことがあるので注意しなければいけません。

カーテンやラグの生地サンプルをご請求の方に最新カタログプレゼント中。 ポップでカジュアルなタイプなものから、シックで大人なデザインなカーテンまで! おしゃれなカーテンに変更して生活を豊かにしませんか。 国内メーカー直営。最新のデザインと機能を揃えたラグ・カーペットを豊富のに揃えております。 10,500円以上のお買い上げで送料無料! 大人の空間に似合うディズニーシリーズは当サイトの人気商品です。 ラグを通販するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)